2005年11月02日

93.他流試合に飛び込め!

あるIT研修を、複数社で合同して開催することになり、打合せが
あったのですが、本日私が、ウチの社の代表として参加してきました。

そこで、同業社の方々と色々お話させていただいたのですが、本当に
勉強になりました。


「ウチの会社で、そこまではやってないな」

「ウチの会社は、そこのところが課題だな」

ということが、他の会社のことを聞くことで、浮かび上がってくるのです。

まさに他流試合の場!


私の勉強不足もあって、色々恥ずかしい思いもしたのですが、^^;
本当に参加してよかったと思います。



さらに、本日の集まりには、この業界の重鎮や、スーパースター的な
方々も参加していました。

彼らの発言は、非常に深いです。


多くの経験と、知識に裏打ちされたお言葉をいただき、議論するまでには
至らなかったですね。

 「分かりました」
 「了解です」

の繰り返し。^^;

こういう業界トップの方の雰囲気と言うか、オーラや空気に触れるのも
非常に刺激がありました。

と言うわけで、これを読んでいる皆さんにお勧めなのが、

他流試合に参加しましょう!
できれば、その業界のトップ層が出席されている場へ。


ということ。


業界の会合や、共同イベントなど、機会は意外とあるものだと思います。

上司に申し出てみれば、
「じゃあこれ参加してみたら?」って言われるかもしれません。


こういう機会に積極的に参加したがる方は、少ないと思いますので、
自分から手を挙げれば、割とすんなりと入り込めると思います。

(勿論、与えられた自分の仕事は、きっちり終わらせておくこと、
 もしくは終えられる予定となっていること、が必要です。

 そのためにも、自分の仕事を早く終わらせる、
 「速攻仕事術」を身に付けて下さいね!  ^^;)


また、そういう場で、他社の人と情報交換してみると、非常に参考になります。

あなたがいくら仕事ができる、といっても、自社内だけでのことかも
知れません。


 「あ、ウチって意外と進んでるんだな」

 「ああ、ここが全然ダメだ。この会社は凄い!」

さあ、どっちでしょうか?


他社の状況を聞いてみると、自社および自分のポジションが良く分かるんです。


また、直接人に会うことで、必要な情報を得ることもありますよね。


大体自社で悩んでいることって、他社でも悩んでいることです。
解決のヒントが見つかるかもしれません。


そして、業界トップ層と間近に接することで、自分の行くべき道や
○年後の姿、どうやったらそうなれるか、という気付きがいっぱい
得られるんです。

私も機会があれば、参加するようにしています。


他流試合に参加しましょう!

(そして斬られてみてください。^^;)


---------------
よろしければ、応援もお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/50191827