2005年10月12日

88.エネルギーは出すと増える

特にIT業界の方はそうなんですが、元気がない人(元気がなく見える人)が
多いですね。

特に朝。
職場に入ってきても、「おはようございます」って元気に挨拶されてる方は
周りにいらっしゃいますか?

前職でも今の職場でもそうなんですが、私も含めて、気持ちの良い挨拶を
する人はほとんどいません。

実は私は、前職で事務の方に、「吉川さんは挨拶をキチンとする」って言われて
たんですが、それほどハキハキしていたわけではありません。

ただ、他の人があまりにも挨拶しない、しても口の中で「モゴモゴ」って
言うだけなので、私の小さい声でも、相対的に挨拶が目立ったんでしょうね。

まあ、朝からあんまり元気が出ないということもありますが、ある本で読んだ
一節が非常に説得力がありました。


 日本人は、「対人恐怖症」。欧米人は「対神恐怖症」。


これはどういうことかというと、(私の理解ですが)

 ・日本人は狭いムラ社会で生きてきたため、他人の目が非常に気になる。
  誰かに「あの人はおかしい」「ちゃんとしていない」と言われるのを
  極端に恐れている。
  その裏返しで、できるだけ人に関わらないように、生きているのが、
  特に若い人。
  例えば、道端や電車の中で、全く知らない人に「こんにちは」なんて
  言うのはとんでもない。^^;
  (無視されたり、声をかけた人や、周りにヘンな目で見られるのは、
   耐えられない。)

 ・欧米人が恐れるのは神様。
  神様の下に生きているんだから、別に他の人にどう思われようと、
  自分の良心や、神様に背くことに比べたら、なんでもない。
  神様の下では平等だから、知らない人にも気軽に声をかけられる。


うーん、なるほど!

その本の一節は、なぜ日本人は英語をうまく話せないのか、というありふれた
^^; テーマだったんですが、非常に説得力がありました。

知らない人には、日本語でもろくに話しかけられないのに、英語なんて無理だと。
英語を話すには、間違いを恐れずにバンバン話すのが有効ですが、間違いをして
恥をかくのを恐れるばかりに、言語失調状態になってしまうということです。

(この本については、ご要望があれば紹介しますね。)

でも、挨拶が気持ち良くできる人って、見ていて爽やかで気持ち良いですよね。

私は、特にIT業界なんかでは、挨拶がちゃんとできる人が少ないので、
ちゃんと声を出して挨拶するようにするだけで、ものすごいアドバンテージが
取れると思っています。

朝から元気なく職場に現れるよりは、気持ちいい挨拶をすることが大事。
あと、人間っておかしなもので、元気に振舞っていると、元気になれるん
ですよね。
形から入る生き物なんです。

だから、元気を出して挨拶すると、元気になれる。
物理法則には反していますが、エネルギーを出すと増えるんです。
(気持ち良いですからね。)

人間力ってこういうところでも磨かれる気がします。

あなたから、職場を明るくしてみませんか?
(って、こういう記事を書いてしまった以上、私も大きな声で
 (調子はずれにならないように ^^;)、職場で挨拶することにします。)


---------------
よろしければ、応援もお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング
ad






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/50141448