2005年09月24日

84.上司に相談する時に

今日は、上司に相談を行う際のポイントです。

「○○プロジェクトの件については、どうすれば良いですか?」

「○○画面設計の件については、どうすれば良いですか?」


こういった聞き方をすると、上司、先輩は戸惑うと思います。

この聞き方では「何を答えて良いか」が分からないからです。

「最近、どう?」って上司や先輩に聞かれて、どうやって答えるか、
悩んだことはありませんか?^^;

まあ、聞くほうもそんなに詳細な対応は期待していないと思います。


本質的にはこれと同じだと思うんですね。
これだと、詳細な対応は期待できません。

「〜については、どうすればいいですか?」
この聞き方の問題点は、

 1.質問が具体的ではないこと
   (即ち具体的な答えは期待できないことになります。)

 2.自分がどこまで理解している/考えているかが、相手に伝わらないこと

 3.2によって、相手がどこまで話せば良いか、判断できなくなること

にあります。

非常に楽な聞き方なので、ついやってしまいがち。

なぜ楽かというと、「考える必要がないから」なんですね。
人間、考えるのは誰しも面倒なもの。

でも、自分で考えることをしないと、成長はありません。

上司に相談する場合、お勧めの聞き方は、次の構文です。

 「○○について、このように考えたのですが、どう思いますか?」

 「○○について、この部分が分からないのですが、どう考えたら良いでしょうか?」


これは、自分である程度考えていないとできない尋ね方ですね。

全く分からない場合でも、仕事を分解し、ある程度道筋を考え、その中で
分からない、本当に不明確な部分を特定してから聞く。

これができるようになれば、独り立ちは近いと思いますよ。

自分なりに、分解したり、道筋を考えてみても分からないなら、
「どういう風に組み立てればよいか分かりません。
 まずはどういう作業に取り掛かればいいですか?」


こんな聞き方が良いと思います。


私に関しては、幸いにして、アバウトな質問を受けることは少ないのですが、

「どうすれば良いですか?」と聞かれたら、
「どうすれば良いと思う?」って返すことにしようかな。。。

って思ってます。^^;

最近後輩と仕事をすることが多くなったので、ちょっと書いてみました〜。


---------------
よろしければ、応援もお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/50096625