2005年09月06日

79.1つ深めると応用が利きます

私は昔、企業の固定資産管理システムを設計しており、その時は、ただひたすら
1つのシステムのことだけを考える生活が、2年ほど続きました。

1つのシステム「だけ」といっても、内容は結構広いです。

 ・固定資産管理業務を、ユーザはどのように行っているか

 ・国税庁、市町村に対する税金の支払いをどうしているか
  その際に使用する帳票はどのようなものか

 ・税法上、固定資産の減価償却計算をどのように行うべきか
  (必要があれば、国税の税務相談室に足を運び、税理士の方に教えて
   いただきました。)

 ・ユーザの要件をどの程度まで、システムとして落とし込むか
  言い換えると、「何を作らないか」の線引きをどこでするか

 ・要件をどのようにシステムで実現するか
  どんな設計をすれば、最も良いシステムになるか

 ・固定資産業務を、どのように他のSEやプログラマに伝えるか
  (業務を伝えないと、見当はずれのものができてしまう可能性が高いので。)

 ・システム開発のプロジェクト管理をどのようにするか
  (ユーザ側と、開発サイドの調整をどうやるか)

 ・システムを使用していて起こった問題にどのように対処するか

 ・テストをどうやって実施していったら品質が保てるか
  かつ、最も効率の良いテストを行うにはどうすれば良いか

 ・・・・・・・・・

まだまだたくさんあるのですが、こういったことを、ずーっと
考えていたんですね。

で、自分の設計したシステムなので、その業務仕様から、実際に実現できる
機能、内部の仕組みなんかは、当然すべて分かっているわけです。

そうすると、今の仕事で不思議なことが起きました。

---------------------------------------------
清き一票で応援お願いしまーす!(^^ゞ
(下記をクリック)

人気blogランキング

---------------------------------------------


それは、システム監査をやっていて、他のシステムを見ても、すぐに内容が
理解できるようになったこと。
(固定資産だけではなく、例えば、販売管理、給与計算、購買管理システム
 なんかが分かるんです。)

システム監査をしていて、初めての業界や、業務、初めてのシステムを見る
必要があったとしても、業務の流れを聞いてしまうと、システムがどういう
つくりになっている必要があるか、がなんとなく分かってしまうんですね。


したがって、それほど時間をかけなくても、対象のシステムの理解をし、
(細かいところではなく、大まかなつくりや、見るべきポイントを理解)
話を進めることができます。

これは、なぜかというと、
 1つのシステムについて、ひたすら深く考える機会を得ることができたから

だと思います。

知らず知らず、実際の業務とシステムを結びつける、頭の訓練をしていたんですね。
そして、今では特に意識することなく、頭が勝手に働くようになったんだと
思います。

開発中は、確かにつらく、体中に原因不明のブツブツができたりして、^^;
地獄のようでしたが、今思い返すと、何事にも変えがたい経験を得ることが
できた、最高の地獄だったと思います。

そこまで1つの固定資産システムに打ち込んだおかげで、他の業務やシステムを
見ても、経験を応用することで、それほどの努力なく、分かるんですね。

最近は、いろいろな業務やシステムを見てきたおかげで、どんなシステムを
見ても、まあうろたえることはなく、冷静に対処しています。

まだまだ、一流には程遠い私が、こういうことを語るのもおこがましいですが、
各界で超一流の人の話は、その業界でのみではなく、われわれが聞いても、
参考になるところがたくさんあります。


それは、その人がその事柄を、一心不乱に考え続け、努力し、実際に結果を
出して、超一流となることで得て来た、エッセンスのようなものが、言葉の
端々に出るからなんでしょうね。

そしてそれは、他の業界や仕事、さらには人生にも役立つものだと思います。


皆さんも、ぜひ1つのことにどっぷり漬かる(考えまくる)という機会が
あれば、それに飛び込んでみてください。

1つ徹底的にやっておけば、他の多くのことに応用することができます。

もちろん、苦労するでしょうね。。。。。^^;
でも、乗り越えれば、ものすごい綺麗な光が見えてくると思いますよ。

さあ、やってみよう!!

---------------
お役に立てば、応援もお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/50048921
この記事へのコメント
まさにその通りだと思います。というか、その時は辛かったよね、まじで。
でも私もその開発のお陰で今があるようなもの。
1つのことをトコトンまでつめていくと、肝となるポイントが分かってきて、それは応用がきくものになるんだよなぁ。
(そこを掴むまでが長いんだけど。。)
お互い良い勉強をさせてもらいましたね。(もう一回同じ事をやれといわれたら逃げるけど。(^=^;))
Posted by ku at 2005年09月06日 23:53
お疲れ様さまです!今の自分に対して、まさにがんばれ!といわれているような気が(勝手に)しました。明日からもがんばります〜。最近ITGCをかじりかけました。
Posted by ケマン at 2005年09月07日 00:38
Kuさん、コメントありがとうございます!

Kuさんとは、同士(私は後輩でしたが)として、一緒に辛く
楽しい開発を乗り越えましたね。^^;

私もあの体験が、今の原点になっています。

お互いまた精進していきましょう!
(今度会うのを楽しみにしています。)
Posted by 吉川(管理人) at 2005年09月09日 02:41
ケマンさん、コメントありがとうございます。

といっても、誰だか不明なので、また教えて下さい。^^;

お互い張り切って仕事していきましょうね!
Posted by 吉川(管理人) at 2005年09月09日 02:46