2005年07月29日

68.システム監査って?(1)

さて、最近は私のメインの仕事である「システム監査」について
「どういうことをやっているのか?」と、聞かれることが多いので、ちょっと
書いてみますね。

私は実は、会計事務所系の会社に勤務しているため、システム監査の目的は、

会計的に見て、クライアントが使用しているシステムの信頼性を確認すること

となります。

???・・・

ちょっと分かりにくいですね。^^;

もう少し分かりやすく解説してみます。
非常に大雑把に書きますので、分かる方は、細かい間違いは見逃してください。^^;

最初に、「会計事務所」について。

まず、ある程度大きな会社は、証券取引所に株式を公開しています。
皆さんが、どこかの会社の株を買いたい!と思うと、この証券取引所で扱っている
その会社の株券を買うわけですよね。

さて、その会社の株を買いたい!という場合、買いたいかどうかの判断材料は
何でしょうか?

色々ありますが、大きな要素の1つとしては、その会社が儲かっているかどうか?

ではないですか?

じゃあ、その会社が儲かっているかどうかは、どう判断するか?というと、
新聞で見たことがないですかね?
「決算報告」というものを。

---------------------------------------------
清き一票で応援お願いしまーす!(^^ゞ
(下記をクリック)

人気blogランキング

---------------------------------------------


これは、今年はこれだけ利益が出ました!という、会社ごとの成績を表す、
通信簿のようなものです。

株を買いたい人(投資家)は、その判断材料の大きなより所として、
決算報告書を見ています。
(見ないで買う、という人もいるみたいですが。。。)

そうすると、その決算報告書が間違っていると、その企業の信頼はがた落ちだし、
株を買ってしまった投資家の人達も、大損するかもしれませんよね。

じゃあ、この決算報告書が正しい!というのはどうやって証明するのでしょう?


・・・と、そこで出てくるのが、「会計士」という人たち。

「会計士」は、企業の決算報告書を調べて、「確かにこれで間違いない」という
意見を出すのが仕事です。
(他にも色々、仕事があるんですよ。)

この会計士が所属しているのが、「会計事務所」という団体。
(まあ、会社のようなものです。
 1人だと限界があるので、何人かでチームを作るんですね。)


そして会計士は、「これで間違いない」という証拠固めのために、「監査」
というものを行うんですね。

「監査」というのは、企業が作った決算報告書(決算書類や財務諸表とも言います)
の数字に、大きな間違いがあるかどうかを調べるもの。

具体的には、例えば今年の売上額がこれだけでした!という数字があった場合、
 ・本当にその取引(売上)があったのか、
 ・取引はあったけど数字を間違えてないか、
 ・何件も取引があった場合、足し忘れているものはないか、

等を、実際に使った売上の伝票や取引の記録なんかから、追っていくんですね。

ところが、昔むかしは、紙の帳簿や伝票なんかで、全ての取引を記録していたの
ですが、最近はIT化が進んでいます。

いまどき、ある程度大きな会社は、どこでもコンピュータによる処理を行って
いるんですね。

スーパーだって、コンビニだって、バーコードでピッと、商品を読み取ると、
「これだけ売れました」という記録が、コンピュータ上に記録されるように
なっています。
(1日何千件もの売上を、全部紙に書いてたら大変ですよねー ^^;)

あれで、1日の終わりに、レジのボタンを、ポチッと押すと、
「今日の売上は○○円」って、レジからすぐに出てくるんですね。

じゃあこのIT化の進んだ世の中。
会計士が、「売上の数字が正しい」ことを確認するには・・・・

そう、コンピュータでどのように売上の処理を行っているかを、知らなければ
ならないんですね。

でも普通、会計士はなかなかコンピュータのことが分からない・・・・

そうそう、ここでやっと、「システム監査」というものの必要性が出てくるわけ
なんです!!
(続きます・・・)

---------------
ちょっと今日は難しかったですか?でも応援もお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/29172465
この記事へのコメント
先日はありがとうございました ^-^ イソダユウイチです。「会計的に」ということは当然、会計の知識が必須になってくるわけですね。もちろんIT系全般は必要な知識でしょうし、他にもたくさん押さえておくべき分野がありそうですね(^ ^;; 次回も楽しみにしています
Posted by iso at 2005年07月29日 08:36
イソダさん、コメントありがとうございます。

そうですね、会計知識は必須となります。
(といっても専門的なものではなく、簿記2級程度です。)

IT、会計、業務、コミュニケーション等、いろんな分野の
スキルが必要な仕事なんですね。
Posted by 吉川(管理人) at 2005年07月30日 00:19
分かりやすく書かれていますね
私は株をやるまでは「財務諸表」に疎かったんですが
少しと勉強しまして、若干ですが株購入に役立てられるようになりました・・
しかし会計に関しての知識は乏しいので、これを機に勉強させていただきます

また遊びに来ますね♪

応援のクリックさせていただきました
Posted by 最上允晴 at 2005年08月01日 08:56
最上さん、コメントありがとうございます!!

分かりやすい、と言っていただき、嬉しいです!

なかなかとっつきにくい分野なので、多少なりとも
知っていただくといいなあ、って思います。

ある会社のことを知るのに、財務諸表を読める、というのは
非常に重要なスキルですよね。
おっしゃっていただいて、ありがとうございます。
Posted by 吉川(管理人) at 2005年08月02日 03:01