2005年07月06日

職場を改善しよう!

ご無沙汰してました。すいませんー。(~_~;)

今日は、皆さんの職場を改善しよう!という話です。

私もそんなにできるわけではないのですが、機会があれば極力、
職場を良い方向に持っていこうという気は持っています。

職場を改善する(良い方向に持っていく)利点としては、次の
ようなことが考えられるのではないでしょうか。

 1)出世が早くなる
   (絶好のアピールですよね)

 2)改善してやろうという意識を持つことで、業務や職場を客観的に
   考えることになり、また、改善策を実施していく過程で、
   間違いなく自分のスキルアップにつながる

 3)自分が主人公となって職場にかかわることで、職場に愛着がわく
   そこで、仕事に対するモチベーションが上がる

 4)そして勿論、仕事の効率が上がることで、無駄を省き、質の良い
   仕事ができるようになる

私の今までの成功例としては、以前書いた、プレゼンはストーリー の、
職場で手管理していた質問表を、データベース管理するようにした、
なんてのが挙げられます。

最近では、(これは成功例ではないのですが)、職場をぶらぶらしてた
時のことをお話しますね。
(詳細はあんまりかけないので、多少曖昧に書きます。(~_~;)

事務職の方々が、大量のレポートを、個別に封筒に詰めて、1通1通
宛先を書いているのが見えました。

 私:それって大変な作業ですね。

 相手:そうなんですよ。

 私:レポートを個別じゃなくて、一括で送ることってできないんですか

 相手:できるんならとっても助かります。

早速、その人と詳細を詰めて、上司に相談に行きました。
そうすると、
 「言ってることはわかった。
  相手の事業部との話し合いをする必要があるから依頼書を書いて」
とのこと。

丁度その日は、何とその上司が相手の事業部との定例会議を行う日。

勢いがあると、話がすぐ進むなー、と思いながらすぐに提案書を書いて、
上司にその会議の場に持っていってもらいました。

「うまくいくといいですねー」って、事務所の人と話してたんですが、、、

翌日教えてもらった結果は、「ダメ!」

レポートは、本来、個別に手渡しが原則なのを、封筒詰にしているので、
一括で送付するのはとても認められない・・・・

まあしょうがないか、っていうことであきらめました。

でも、、、、私は失敗したのでしょうか??


私はそうは思っていません。(^o^)丿

よくこのブログで出てくる、ジェームススキナーさんも言ってるんですよ。

「この世に失敗はない。あるのは、成功と学ぶ機会だけだ。

 失敗があるとすれば、行動しないことだ」


これ、めちゃくちゃいい言葉です。(^。^)

今回も
 「提案したやり方では認められない」
 「手渡しが原則ということを再確認した」
ということを、学んだということですからね。

いい経験になったと思います。

今回は経験を得ただけで、失ったものは何もないんです。

それなら、やって良かったということになりませんか?

もし、つまらない提案をしてしまい、怒られたとしても、それは
次回にもっと良い提案をするための気付きを得ることになりますよね。

だから皆さんも是非、職場の不便な点や困っていることがあれば、
(ありますよね?)「何とかしよう!」って声をあげてみてください。

叩かれることも含めて (~_~;)、絶対良い勉強になりますから。

<こんな行動いかがでしょう?>
  現在の職場で困っていること、効率の悪いこと、不便なことを
  5〜6個、ノートに書き出してみる。


---------------
内容がお役に立ちましたら、今日も下記クリックをお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/27277555