2005年06月05日

岡本史郎先生の、成功はどこからやってくるのか

久々に本の紹介です。

私の尊敬する(こういう表現、多いなー、(~_~;)、岡本史郎先生の、

成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~

岡本史郎先生のプロフィールは、コチラ です。

岡本史郎先生は、ビジネス書のベストセラーを連発する、売れっ子
コンサルタントで、心理学、仏教、脳科学、歴史、哲学など幅広い
知識を持っており、その引き出しから独自に結びつけるアイデアが凄い!

おそらく、この業界では、1、2を争う勉強家ではないかと思います。

で、今日ご紹介する、「成功はどこからやってくるのか」は、
岡本史郎先生の本の中では、私が一番好きな本です。

安易な「成功本」、いわゆる「あなたもこうやれば、簡単に成功できる」
という本が、最近氾濫しているのですが、それに冷水を浴びせる内容。

また、はっきり言って曖昧な表現も多く、すぐに全てを理解できないかも
知れません。

でも、この本は是非目を通しておくべきだと思うんですね。

内容を簡単に言うと、
(簡単に理解したようなことを書くと、きっと岡本史郎先生は怒るかも
 しれません。。。(~_~;)

・まず「楽して儲ける道」はないと心得ること。
 資本主義では、得にくいものほど価値が高まり、得やすければ
 価値が下がる。
 一時的に、楽して儲かるは達成できるかもしれないが、長期的には無理。

・結局成功するには、「当たり前のことを淡々とやる」に尽きる。
 例えば、朝早起きして勉強する、前倒しで仕事をする。。。
 「誰でも知ってるけど、できない」ことをやるのが一番の近道。

・問題を解決したいのなら、自分が一段上のレベルになるしかない。
 今までと同じことをやっていてうまくいかないのなら、それこそ
 「次の段階に進め」というサイン。

・「次のレベル」に行くのは一瞬で起きる。(「創発」と呼びます。)
 その一瞬のためには、やはり淡々と努力することが必要。

・例えば、借金がある、部屋が片付いてない、ろくに時間を守らない、
 という人は、成功がどうというレベルにはない。
 まず、身の回りの問題点をきちんと片付けてから、新しいことを
 始めないと失敗する。

・・・って、書いてみましたが、これだけだと分かりにくいですよね。(~_~;)

1つ1つを解説すると、それだけで結構なトピックになります。

しかし、これらは是非、皆さんに知っていただきたいことですので、
このブログでも、また取り上げていきたいと思います。

----ところで、------------------
 なんか最近、「これはまた書きます」って表現が多いですねー。(*_*)
 もったいぶったり、引っ張るつもりはないのですが、書きたいことが
 多くて、追いつかない。。。
 宿題をいっぱい作ってる気がします。

-------------------

この本で言いたいのは、
 「成功したいなら、早起きして淡々と勉強し、目の前の仕事に一生懸命
  取り組みなさい」


という、「それを言っちゃあ、オシマイよ!」ってことだと思います。(~_~;)


なので、安易に成功のノウハウを求める人は、読んでもしょうがないです
ので、オススメできません。

皆さんの周りにもいませんか?

「いやー、どうやったら、出世(成功)できますかね?」って聞く人。

どうやったら、の後に、「楽して」とか「あんまり努力しないで」って
下心が見えることが結構あるんですよね。

でも、えらそうに言っても、これは私も当てはまります。

やっぱり、「楽してうまくやりたい」って私も絶対思ってますから。(ーー;)

そんな時に、この本を読むと、結局真正面から努力するのが一番良い、
ってことが分かるんですよね。

よろしければ、是非読んでみてください。

成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~

---------------
内容がお役に立てば、今日も下記クリックをお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/24182786