2005年05月16日

サマルトリアの王子様にならない

今日は「当日中」の更新となりました。^^;

皆さん「ドラクエ」って知ってますよね。

私は、ドラクエ気らずっとやってるんですが、「自分の成長」ということを考えたときに良く浮かぶのが、「ドラクエ供廚痢屮汽泪襯肇螢△硫子様」なんですね。

ファミコンのドラクエ兇鬟螢▲襯織ぅ爐任笋辰討真佑砲蓮△箸討發茲分かる話です。

さて、この「ドラクエ供廖⊆膺邑は3人パーティ。(冒険チーム)
・1人目は、戦士のエキスパートで力は強いが魔法が使えない。(戦闘力100、魔法力0って感じ。)
・2人目は、戦士でもあり魔法も使えるが、どっちもそこそこ。(戦闘力50、魔法力50って感じ。)
・3人目は、魔法のエキスパートだけど、力が弱い。(戦闘力10、魔法力100って感じ。)

さて問題。(もう何が言いたいか、分かっちゃいました?^^;)

  一番使えない人は誰でしょう?

     ・・・・・

今日は長いので、別ページに記載します。「続きを読む」をクリック。
またよろしければ、今日も下記クリックをお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング


  一番使えない人は誰でしょう?

     ・・・・・

そうです、2人目のキャラクターが、「サマルトリアという国の王子様」なんですね。(ちなみに残りの2人も、王子様とお姫様です。ゴージャスパーティ!)

サマルトリアの王子様は、そこそこ直接戦闘と魔法をこなすので、1人でやってる分には一番ソツがないんです。でもチームで仕事(=冒険)をするときには、それほどの戦力にはならないんですよね。というか、攻撃力は1人目の半分で、魔法は3人目の半分ですから、決め手がなくて、足手まといになることもあるくらいです。

最後のボスと戦うとき、このサマルトリアの王子様が死んでしまったのですが、特に支障なくクリアしたとき、子供ながらに思ったんです。
「他の2人のどっちかが死んでたら、勝てなかったな・・・」って。

あなたがチームや、組織で仕事をしている場合、何か1つ飛び抜けたスキルがあり、なおかつそれがチームや組織にとって必要不可欠なものだった場合。。。。。
プレーヤーである上司や経営者は、あなたを外すと思いますか?

外すなら、「その他大勢の人たち」(いなくても何とかなる人たち)からですよね。これは、普通は好き嫌いを超えて、どうしようもない真理だと思います。「器用貧乏な人」は、必要性は薄いんですよね。

(たまに、何でもハイレベルなスーパーマンもいますが、それは置いといて。。。 ^^; 勿論、目指すべきではありますが、すぐには難しいですよね。)

おそらくあなたの部署でやっている仕事には、「プロ」の人がいっぱいいると思います。その中で光っていこうとすると、何か他のスキル、が絶対的に必要になるんですよね。

だからもし何か、仕事に役立つ勉強をやろう!と思うのであれば、「他の人がまだあんまりやってなくて、これから絶対必要になりそうなもの」を見つけてください。

私の話をすると、新人の時に配属された部署は、会計ソフトの開発チーム。でも、なぜか会計に詳しい人がそんなにいなかったんです。(システムの深いところに詳しい人は大勢いたし、システムの神様みたいな人もいました。)

そこで、「日商簿記2級」を取って会計の勉強をしたところ、会計の話であれば、部長以下の人と話しても負けないようになりました。(なんかSEって、システムには興味があっても、こういう業務的なことには興味が薄いみたいなんですよね。^^;)

こうなると強かったです。お客さんとの打ち合わせや、システム仕様の決定等、いろんなところに呼ばれたり、口をはさむことができました。(まあ、システムの深いところになると、他の人に助けてもらってばかりでしたが。)

何かを持ってると、ギブアンドテイクの関係もできて、仕事がやりやすい、ってのもあります。

あなたも、「何かが飛びぬけている人」を目指されてはいかがでしょうか?絶対損になりませんから。
(「その業界の中」で、ということです。私の会計知識なんか、会計士や税理士には絶対かないませんもん!(断言)
彼らと話すときは逆に、システムの話をします。^^; 自分の土俵で戦うことですよね。)

---------------
内容がお役に立てば、今日も下記クリックをお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/22199587
この記事へのコメント
おはようございます。
朝出社したら、メールチェックして、このBlogチェックして(笑)
が日課になりそうです。。

僕はちょっと「サマルトリア」路線かな、と思いました。
自分のこととなると、アルゴリズム化が大嫌いで、要は人生目標が「そこ」でそこに向かう手順は「こう」、と決め付けたくないんですね。そうするとがんばっても「そこ」までしか到達できない気がして。
そうするといろいろな引き出しを持っていたいと思い、その「いつ役立つかわららないような知識」のストックを大切にしています。
そうすると一つを深く突き詰めるより、新しいものに目が行ってしまうという、行動原理が働いてしまうんです。
Posted by 宮本 at 2005年05月18日 10:03
宮本さん、いつもコメントありがとうございます!!

なんか毎日目を通していただけると、非常に嬉しいですね。

この情報が実際に誰かの役に立ってるんであれば、やれる限り、
続けていきたいと思います。(^.^)

宮本さんのコメントはなるほど!です。

成長の線引きはしたくないですし、いろんな可能性を試して
みたいですよね。

なので、私なんかは、「両方取り」です。(笑)

まずは1〜2年後の目標を持ち、(5年以上先なんか見えない
んですよね)、そこに向かって作戦を立ててやるんですが、
同時に他の事も見る・考える時間を作る、って感じですかね。

1つに集中する時期もありますが、それだけにはなりたくない
って思います。
Posted by 吉川(管理人) at 2005年05月18日 22:46