2005年05月11日

毎日の読書

私は子供の頃からとっても本を読むのが好きです。

好きというよりは生活の一部。活字中毒で、電車に乗っている時は寝ているか、何か読んでいないと落ち着かない、家で時間があると本を読んでいる、ストレスがたまった時は、本を読んで解消する、といった感じです。(^^ゞ

ちょっとの空き時間でも何か読んでますね。

あと読むスピードが速くて、立ち読みだとさらに速くなるので、本屋で新刊荒らし(最近の新書は読みやすいので、15〜20分くらいで一通り目を通します)をしたりしています。
本屋さんいつもすいません、私には憩いの場です。(-_-;)

その分、良い本は買ってますんで。

まあでもおかげで、仕事に役立つスキルを身につけたり、自分の考えを広げたり、深めたりすることができていると思います。

受験勉強方で有名で、なおかついろんなジャンルの本を量産している、和田秀樹さんも言っているのですが(何の著書か忘れました)、ビジネス系の本なんかは、多くても10万部くらいしか出ていない。
(10万部だとベストセラーですよね。)

図書館や会社で買ってたり、回し読みをしてたとして、1冊を4人が読むとしても、1冊の本は40万人くらいしか読んでいない。日本の就労人口を、4000万人くらいとすると、実に100人に1人くらいしか、その本を読まないことになる。

つまり、ある本を読んでいる人は、100人に1人以下であり、本を読む人は偏っているので、もう本を読んでいるだけで、非常に成功に近づいている。
(ちょっと書いてて違う気がしてきました。また、原文を見つけたら修正します。でも趣旨はこんな感じです。)

確かに、周りにビジネス書を読んでいる人って少ない気がします。学校や受験勉強のために無理やり本を読んだから、もうこりごりなのでしょうか?

成功したかったら本を読め、そして考えろ!(消化しないとダメ)

これは真実だと思います。

---------------
内容がお役に立てば、今日も下記クリックをお願いしまーす。(^.^)

人気blogランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fastwork/21594173